夫または妻が不倫する前から

熊本県熊本市で人妻と割り切り出会い浮気の証拠は携帯からもつかめますね。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。

何気なく電話していることも十分考えられますね。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう場合があるのです。

どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと逆上してしまったという例がこれまでに多くありました。

貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。

目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と言っていいでしょう。

浮気をしている事がSNSを通じて発覚することもあります。

SNSだと誰の投稿か一見わからないのでパートナーも注意が足りずに、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が珍しい事ではありません。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットに書き綴っている人もいるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら調査してみて下さい。

探偵を依頼することで浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

相手の様子が浮気を想わせた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を集めようとしたら、相手に感づかれてしまうリスクが高くなります。

その原因はズバリ、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

浮気調査でなにより大事なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

もしも浮気が確かなこととなれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等色々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です