生活で金字塔体重が増えてしまった

近年32年代の僕は、29年代の時にランニングを始めました。
始めた理由は、その当時、生活で金字塔体重が増えてしまった行い。
ある日、街中で自らエレベーターに乗りこむ際に、鏡に映った自分の様相を見て愕然としました。本当にずんぐりむっくりした自分の体躯、ふかふかのダブルあご。うちにウェイト累算も置いていない生涯でした。
焦った僕は、数日後にはウェイト累算をGET。乗ってみると65kg。。。このまま、20代を終え、30代に殴り込みしてしまうのだろうか。10月収のバースデーまで、あと3ヶ月ほどに迫った夏季でした。そこで、僕は運動して痩せようといった決意したのです。

金字塔安上がりにとれるアクションは何?と考えたシチュエーション、ランニングが思い付きました。とにかくランニングシューズというジャージを買い揃えました。
ランニング初日、うちの側をすごくひと回り、外周することに決め、グーグル絵図でその目論見を計測するといった2kmでした。「これくらいは走れるだろう」と思いましたが、1.5kmほどでバテてしまいます。その日は落ち込みました。

それからも、週間に2、3回は駆けるものの、2km位走り回るのが際限だ。有酸素運動を20パイ上記、としていたのに10パイ具合滑るのが際限、、、途方に暮れました。

あんな逸話をFacebookに書するといった、ランナー歴の長い身近が申し込みのおしゃべりをくれました。
『1kmを5パイペースで駆けるなんて無茶流れる。減量のためのランニングならば、1kmを走るには6~7パイほどリズムの手遅れランニングが良い』
という内容でした。

薦めの通り、走る速さを落としてみると、いともラクラク走れる様になりました。息もそれほど上がらない、アクセスもほとんど疲れない。ファストウォーキングくらいの消耗勘だ。クラリスロマイシン

以降は、週間2~3回、5kmほどのランニングを続けられる様になり、半年ほどで10kgの減量に成功しました。

それ以降も、駆けることが楽しくなってきて、今でもランニングは営みとして定着していらっしゃる。
自分がづらくない程度の運動量で、どうしても長く積み重ねる、ということを最優勢したことが勝利のツボだと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です