実践するのはそんなにむずかしいこと

あなたは寝ている間、口で呼吸をしていますか?それとも鼻で呼吸をしていますか?

起きている瞬間なら、人は鼻息だと言える人もいるかもしれませんが、寝ている間の主旨まで自信を持って答えられる人は少ないと思います。息はひたすら鼻からした方が鼻毛のフィルターで屑も遠退けるし、のども潤ってボディに良さそう、は分かっていても、終日デイリー息の主旨だけを考えているわけにはいかないので、実践するのはそんなにむずかしいことです。

我々も、鼻で息した方が流感をひき難いらしき、という幻は聞いていたものの、やっぱり寝ている間に口息になってしまい、朝方起きると口がカラカラに乾いていたり、よだれがたれていたりしました。寝ている間に口が開かないよう貼っておく専用のステッカーも薬舗で売っていますが、通常扱うのはお金がかかります。そこでぼくは、もう一度安っぽい和紙製のサージカルテープを口に縦に貼って寝ることとしてみました。

表皮の敏感な人には、もしかして向かないかもしれませんが、せめてぼくは全然問題ありませんでした。ゼロ夜貼っていても、赤くなったりかゆくなったりせず、自然と鼻息で眠ることができます。これを数か月続けてみたところ、流感をひかなくなっていらっしゃることに気付きました。時分の変わり目には、しょっちゅう鼻水が出ていたぼくですが、それがさっぱりなくなりました。

勿論人間ですから、たまには鼻がつまっている日もあります。そういった日に無理してテープを口に貼っていると、途中で呼吸が出来なくなって疎ましい心地をしますので、そんなときは無理せずマスクをすることにして、テープは貼っていません。それに、テープを貼って口を閉めることが習慣になってくると、時にテープを貼らなくても、自然と口を閉め切るようになります。多分口や舌の筋肉が、口を閉め切るのに役に立つかたちに鍛えられるのだと思います。

成果はないかもしれませんが、数か月で効能が実感できると思います。流感をひき易い人は、必ず試してみてください。xn--veku91h60eeoh5wpkfnw6s.xyz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です